カタールはパレスチナを支持している

 时间:2019-06-12 11:37来源:香港は毎日電気通信をする责任编辑:张焱
  
シェフモハメッド氏は、カタール側の立場がしっかりしており、パレスチナ人が受け入れたいいかなる案もカタールに支持されると言っている。
...
カタールはパレスチナを支持している
カタールのムハマド・アル・アブドラ外相は 9 日、米国の中東平和新案をパレスチナに強制してはならないと警告した。
 
ムハンマドは同日、英国に訪問した時、メディア記者、パレスチナと米国が中東和平の新しい案をめぐる立場を "脱節" したと伝えた。 中東平和新方案はパレスチナに強制されるべきではなく、 "いかなるアラブ諸国でも受け入れられる( 強いる)"。
 
パレスチナとイスラエルのどちらかがこの案を拒否すれば、新しい案が "公平でないか、現実的ではない" という意味だ。 どちらも新しいシナリオを受け入れるか拒否するのが最善のシナリオです。
 
シェフモハメッド氏は、カタール側の立場がしっかりしており、パレスチナ人が受け入れたいいかなる案もカタールに支持されると言っている。
 
"世紀協定" と呼ばれる中東平和新案は、米大統領のドナルド・トランプ氏の婿であり、ホワイトハウスの高級顧問だが、イスラエルの新政府が発足した後、 6 月下旬に一部の内容を発表する予定だ。 イスラエルの組閣が失敗すると、新たな案の発表が遅れる可能性がある。
 
メディアはこの案の主な構想は「投資と主権の交換」であり、パレスチナの大量の経済援助を受けて、領土と建国の方面で妥協した。イスラエル側はイスラエル側に偏っていると認め、新しい案の受け入れを拒否した。
 
ロイター通信社は新しい案の内容を理解しているパレスチナとアラブ国家のニュース人の話を多数引用して、クシュナは「両国案」を捨てたと報道した。
 
"両国の案" は、 1967 年の 3 回目の中東戦争以前の境界を根拠に、東エルサレムを首都にした独立したパレスチナ国家であり、イスラエルと平和共存している。 この案は複数の国連決議の支持を獲得した。
 
シェフモハメッドの「点賛」新案には経済の内容が含まれており、経済案にはしっかりした政治基礎が必要であると考えている。

 
(责任编辑:张焱)
------分隔线----------------------------

 

本月排行