反対派が西に結託して香港の大局を揺るがすことはできない

 时间:2019-06-12 11:31来源:香港は毎日電気通信をする责任编辑:张焱
  
「逃亡者条例」を改正する目的は正当で、香港特区政府と主流民意は法治と正義のために努力して、決して放棄してはいけない。
...
反対派が西に結託して香港の大局を揺るがすことはできない
香港の日曜日に反対派組織のデモ活動が発生し、香港特別区政府が〈逃亡犯条例〉を改正した。 今回のデモの規模は相対的に大きく、主催側は "新聞大数" を重くした。 にもかかわらず、日曜日には、 "保公義ブレース修士大連合" が、香港市民連合軍 73 万人を超えたことが明らかになったことを明らかにした。
 
香港特別区政府は今年 4 月、立法会に <2019 年の逃亡犯と刑事事件の相互法的協力法 (改正) 条例案を提出した。 元〈逃亡犯条例〉は、香港が復帰する前に通過したもので、同条例によると、香港はすでに世界の 20 か所の管轄区域との間で、逃亡犯を譲渡する長期協定を締結しているが、中国大陸とマカオ、台湾を含まない。 特別区政府は今回の改正案で、中国とマカオを含め、国際的に認められた 37 件の刑事犯罪を犯した犯罪者だけに条例草案を適用した。
 
これは一つの正常な特区立法活動であるが、反対派と国際的に彼らを支持する力によって深刻な政治化を行った。聞きたいことがある。もし殺人犯がいて、強盗がよその土地でやった後、香港に逃げてしまったら、どの市民が彼らのために保護施設を提供し、知らずに彼らと隣り合わせになっていたのだろうか。まして、法治で知られていた香港が、少数犯罪者の「禁罪天国」になるわけがない。
 
しかし、香港反対派と彼らの支持者はこの改正行動に「香港人権を脅かす」というレッテルを貼った。香港内の反対声明が不足している場合、国際的に「声援」を引き、いわゆる「」を集める。外電によると、日曜日に北米、オーストラリアなどの少数の西洋の都市でも人数が少ない同じテーマの集会が発生した。よく知られているように、西洋社会でいくつかの勢力が政治デモをしたいと思っていて、それを「清算」したい力があれば、このような政治ショーをつなぎ合わせるのはそれほど難しいことではない。
 
非常に注目すべきは、国際上のいくつかの力はしばらく香港反対派と明らかに相互作用を強化した。香港の2組の反対派人士はそれぞれ今年3月と5月にアメリカを訪問して、アメリカ側に特区政府に『逃亡犯条例』の洋状を改正することを重点にした。アメリカ国会の「米中経済と安全審査委員会」主席は3月の副議長と接見した。米衆議院議長であるペロッシ議長は、香港の反対派を2度も見かけ、今年5月の国務長官は香港反対派と会見し、条例の「香港を脅かす法治」を攻撃して修正した。香港の反対派はその間にも行きました。カナダ、ドイツなどの西洋諸国
 
イギリスとカナダの外相は 5 月末に香港の修理例について共同声明を発表しました。 "末代港督" 彭治康さんは今月 6 日、 "逃亡犯の条例" を改正し、香港の国际金融センターの地位に "一回の恐ろしい打撃" を発表した。 暴言を吹き飛ばして港内をののしる修士の論拠は "一派胡言" だ。
 
これらは香港が反対派に急進して政治動員をするために必要な弾薬だ。 ある時期以来、香港の人々は、街頭政治に参加する人が明らかに減少し、公衆が港府に対して "一国二制" を実行することがより多くの支持と理解を持っている。 欧米の势力がより强く香港の事业を话している四、香港の反対派にポンプアップして、これは后者の多くの动静の重要な条件を出している。
 
ワシントンのこの陣営は、香港の香港の事務を特に活発に見せている。 ノ氏など米国の急進政治家は、 "香港貿易や経済の特別待遇を継続するかどうか検討する" と脅しをかけている。 米国が中国との貿易戦に関わっていることは明らかだが、米国が香港を中米ゲームの一つのチップとして運用しているのではなく、香港の繁栄を防ぐための手段として中国の発展を抑制しているのではないかと疑わざるを得ない。 香港の急進的な反対派は、このことを明らかにし、そのため米国側との癒着を急ぐべきだ。 香港の事业は中国の内政に属し、香港反対派のこのような挟海の重さの政治的操作方式は人の心を得ず、実行されている"一国二制" という主題は逆行する。
 
しかし、歴史の広い角度から見れば、これらの結託活動とそれによって作られた波乱はすべて退屈な泡である。香港の反対派と彼らの支持者は現在道理を無視してラベルを貼って、香港は一体どのように前進するのか、これらのラベルの中で脅迫することができるのではありません。「逃亡者条例」を改正する目的は正当で、香港特区政府と主流民意は法治と正義のために努力して、決して放棄してはいけない。

 
(责任编辑:张焱)
------分隔线----------------------------